安心して服用

薄毛の悩みは男女共通である。
実は女性の薄毛の悩みも大きくなっており、これは女性の男性化とも呼ばれている。
女性ホルモンの代表であるエストロゲンの分泌が多ければ、頭髪は豊かになるが、逆に男性ホルモンであるテストステロンの分泌が多いとエストロゲンの動きが抑制されてしまう。
その結果、エストロゲンが担っている頭髪の育成に影響が出てしまうのである。
女性にもテストステロンは分泌されているため、エストロゲンが抑制されてしまうと副作用で、男性のように薄毛になったり、ヒゲが生えてしまったりするのである。
これが女性の男性化といわれる現象で、男性がOやM型に禿げるのと異なり、女性は副作用により頭髪が全体的に薄くなってしまうのである。
女性の場合、男性とは異なり、全体的に薄くなるので気づきにくいのも対策するのが遅れてしまう原因となっている。

AGA治療という薄毛治療が近年注目されており、医療で薄毛を治すことができることが証明されている。
この薄毛の治療では、内服薬と外用薬、または精神的なアプローチなど、総合的な治療が行われることになる。
薄毛の原因としてはストレスによる副作用も叫ばれているので、精神面からのサポートが必要不可欠な人がいるのである。
こうした治療のアプローチは一人一人違うので、心療内科は必要なく内服薬を中心に処方される人もいる。
この時に気をつけたいのが、内服によって起こる副作用について知ることである。
薬の治療によって体の機能が戻らなくなることはないが、使用している時に副作用による影響が出ることは否めない。